ハンドメイド iPadケース

久しぶりに長男が帰ってきました。

 

長男が好きなあれもこれも食べさせたい。と

いつになく張り切って料理をしました。

長男の「美味しい」が聞けて嬉しかったです。

 

最近私がミシンで作ったものを見せていたら

iPadケースの依頼が来ました。

 

次男同様生地はあるものでいい。

ケースの機能が果たせればいい。

20代男子が使うのでシンプルな無地で作るつもりでしたが、

キャラクターでもなんでもいい。と言われ、

こんな可愛いのでいいのか?と思いながらも

遠慮なくプーさんの柄にしました。



実はこれ2作目です。

1作目はピッタリ作る技術がなかったのに

攻めすぎてiPadが入りませんでした。

2作目は余裕をもたせて作りました。

出来上がりは、まあこんなもんでしょう。

縫い目が踊っていたりと気になりますが、

ケースの機能は果たせそうです。

 

疑問があっても勢いで作ってしまうので、

出来てから、なるほどそうかと気づきます。

失敗しないと覚えられないタイプです。

 

料理とiPadケース作りとめずらしく頑張った先週末でした。