たいせつなもの

星の王子さまミュージアムに行きました。

長男が行ったと聞いてから、いつか私も。と思っていました。

 

 

『星の王子さま』を読んだのは大人になってから。

カチコチの心と頭を解きほぐしてくれた

ずっとそばに置いておきたい1冊です。

今は次男の本棚にあります。

 

開園を待つ間も王子さまのオブジェを見て興奮。

期待に胸を膨らませながら開園の10時を迎えました。

 

チケット売り場で無料ツアーがあると聞き参加しました。

建物や館内の事、星の王子さまや作者のサン=テグジュペリについて15分程説明してくれます。

 

ガイドさんの優しい語り口と内容に目頭が熱くなりました。

サン=テグジュペリの本『夜間飛行』『人間の土地』を読了したばかりで余計心に刺さりました。

 

ツアー終了後、屋外をじっくり見学。

ガイドさんの説明を聞いたので、より楽しむ事ができました。

色々な花が咲いたお庭がきれいでした。

いつも写真を拒む私が夫に頼み、バラに囲まれた写真を撮ってもらいました。

他の季節もきれいだろうな、来てみたい。

 

屋外を十分楽しんだ後、館内へ。

サン=テグジュペリの生涯を紹介した映像や

写真、時代ごとに再現された部屋など作者を

感じられるものがたくさん展示されていました。

 

さまざまな言語に翻訳された『星の王子さま』も展示されていました。

世界中に心を動かされた人がいる。

素晴らしい作品なのだと改めて思いました。

 

1時間半ほど見てお土産を買い、ミュージアムを後にしました。

自分にゾウ&ウワバミのぬいぐるみ。

 

 

次男にキツネのぬいぐるみ。

 

家に帰り『星の王子さま』を読み直しました。

 

キツネが王子さまに教えてくれた秘密。

たいせつなものは、目に見えない

 

目に見えない『たいせつなもの』

大事にしていきたいです。