猫を救う

f:id:nonbiri_simple:20220305132251j:plain

猫を飼い出してから、とにかく猫に反応するようになりました。

 

猫柄のグッズ、通り沿いの家の窓にいる猫、猫の本。

この本も、昨年図書館で目に留まり読みました。

 

『シリアで猫を救う』という本です。

 

シリア内戦下で自らの危険もあるなか、負傷者や取り残された猫の救出・保護活動をするアラー・アルジャリールさんの体験が綴られています。

報道で取り上げられて支援の輪が広がり、猫や動物の保護施設が作られ、人々の支援にも繋がっていきます。

 

シリアの内戦は、アラブ諸国で起きた革命運動『アラブの春』を契機として2011年に勃発し、11年経った今も続いています。 たくさんの命が奪われ、たくさんの人が難民になっています。

『アラブの春』はニュースで聞いていましたが、この本を読むまで詳細は知りませんでした。

 

争いや環境の変化で犠牲になるのは、弱い立場の人たち、動物たち、生き物たち。

この本に書かれている猫たちも、内戦に巻き込まれ飼い主と離れてしまいます。

少しの音でも敏感な猫が爆撃の音を聞いたら、どんなに恐ろしいか想像できません。

普段私たちの心を和ませ、季節の移り変わりを教えてくれる木々や花も犠牲になっています。

 

世界で起きている心痛む出来事や環境問題。

何十年後も、春には暖かい日差しと、お花見を楽しめるようであってほしい。

きれいな月を、みんなが安全で心安らぐ場所で眺められる世の中であってほしい。

 

関心を持って、自分にできる事がないか考えたいです。