懐かしい町を歩く

はてなブログ、今週のお題「引っ越し」で思い出すこと。

 

物心がついた時から結婚するまで、ごく近場で(隣町から隣町へ)引っ越しを重ねてきました。

隣町で近くても生活圏が変わるので、以前住んでいた地域には自然と足が向かなくなります。

結婚して居住地域が変わり、車で通過する事はあっても立ち寄る事はありませんでした。

 

数年前、息子の模試の受験会場が、小学生の時に住んでいた地域の近くでした。

送迎ついでに、待ち時間を利用して懐かしい町へ行ってみました。

 

毎日買い物に行ったスーパーにある噴水の匂い。

キャラクターの靴をねだって買ってもらった商店街の靴屋。

洋風の一軒家で女子御用達の可愛い雑貨屋さん。

さぼり気味だった書道教室の先生のお宅。

足繫く通った図書館。

時々通っていた銭湯は入りたかったけど時間外でした。

 

当時の匂いや感情まで思い出された数時間でした。

 

当時は引っ越しが嫌だったけど、久々に訪れた時の懐かしさは、引っ越したからこそ味わえる感覚。今となっては、いい思い出ばかりです。

f:id:nonbiri_simple:20220305132251j:plain

天気の良い日は外でひなたぼっこ。