DIY 窓をふさぐ

先日息子からカーテンを作ってほしいと言われました。

 

息子の部屋に吹き抜けに通じる窓があり、窓から入る日差しが眩しいのでカーテンを付けたいとの事。

f:id:nonbiri_simple:20220303215729j:plain

息子からの依頼はカーテンだったのですが、窓は塞いでもいいとの事なので、

アクセサリーを飾れるボードを窓にはめこみ、塞ぐ事にしました。

 

こういう作業大好き。

有孔ボードを使おうかとか色々考えましが、断熱材と布を使って作る事にしました。

 

ホームセンターで断熱材と両面テープを、布地屋さんで布を調達。

f:id:nonbiri_simple:20220303221630j:plain

布は部屋側を黒に、吹き抜け側をグレー地に花模様の布地にしました。

(写真右上の茶色いカッティングシートも候補に挙がりましたが、きれいに貼れる自信がないので断念しました。)

 

窓枠の大きさに断熱材をカット。

切りすぎると隙間ができるし、おおざっぱな私には苦手な作業です。

気持ち大きめにカットし、微調整しました。

 

カットした断熱材に両面テープを適当な間隔で張り、その上に布地を貼ります。

しわにならないように、端から少しづつ張って完成。

f:id:nonbiri_simple:20220303215541j:plain

布地が薄くて両面テープが透けて見えてます。。失敗した。

 

画びょうを刺し、息子のアクセサリーを下げてみました。

息子も気に入ってくれて、色々飾っていました。

 

使い始めて数日後、不具合が発覚。

断熱材が軽く、厚みも15mm程度なので、ドアの開閉の風圧でボードが外れちゃうらしい。

そこまで考えが及ばなかった。。

 

アクセサリーボードは別のかたちで使うことにして、窓には息子の当初の希望通りカーテンをつける事にします。

 

失敗もありますが、DIY楽しいです。