わたしの本棚

はてなブログ今週のお題「本棚の中身」です。

 

壁一面本棚で本棚の一部が隠し扉になっていて

ボタンを押すと奥に小さな部屋が・・。なんて家、憧れます。

 

現状、家に私の本棚はありません。

家中片付けた時に本も売り、手元にあるのは10冊くらいです。

今は近くの図書館が私の本棚です。

 

小学生の頃、仲良くなった子の家の近くに図書館がありました。

それまで私の世界に図書館はなく、

無料で本が読み放題の図書館の存在を知って世界が広がりました。

 

最初にハマったのは江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ。

ドキドキしながら読み進めたのを覚えています。

 

読みたい本があると、まず図書館で探します。

図書館になく、どうしても読みたい本は購入しますが、

たいていの場合図書館にない時は今は縁がないのかも。と思います。

何年か経って忘れた頃に目に留まり、読む事もあります。

 

図書館の優しい採光や照明と静けさが好きです。

本が自己主張することなく決められた本棚に収められています。

たくさんの本の中から、呼ばれたように気になる本を手に取ります。

 

紙が黄色くなったこの本は、何人に読まれてきたのかな。とか、

新しく入ったこの本、どんな人がリクエストしたのかな。とか。

想像するのも楽しいです。

 

私の本棚代わり、図書館が好きです。